読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

繰り返す日々は泡沫

世界で一番素敵な恋をしたんだよ

元担くん達のお話

はじめまして!の方もこんにちは!の方も!!閲覧ありがとうございます!!

関西ジャニーズJr./Funky8の林真鳥くんの担当をしている ヒナ と申します、!!



この記事では!(16歳現在での)数々の元担くん達のお話を!書きます!!!



沢山ある思い出を忘れないように書き留めるだけのブログになると思いますがよければ最後までお付き合いください 😅



(担当になった順番に書いていきます〜〜)







1人目 松本潤(2010年4月〜2012年3月)

わたしが小4のときから小6になる手前まで担当してました。

元々母の影響でKAT-TUNKinKi Kidsは好きやったけど、担当と言えるとは松潤が最初。

でもまだこのときはテレビ見てキャー程度の茶の間ファンだから本当にゆるヲタ(懐かしい)。もはやヲタクではなかったかもしれない。

そんなゆるゆる応援してた時、ふと、「あれ、湧かないな」というときがやって来てしまい、人生初担降りとなりました。。

嵐さんの楽曲とかは結構今でもハマるやつあるんですけどね☺






2人目 玉森裕太(2013年2月〜2016年7月)

彼は担歴長かったです。担当してきた子達の中で1番。

中学校にあがる直前に落ちました。沼に。

担当になるまではキスマイの存在すらも知らなくて、たまたま見ていた黄金伝説の年末サバイバルの再放送で玉ちゃんを知り、そこから信長のシェフやキスマイが出演している番組を見始めてハマっていきました。

わたしと同時に母も玉ちゃん(タナゴコロのMVを見て藤ヶ谷くんに担降り)にハマり、親子でキスマイのファンをやってました。

今となっては本当に好きだったかも分からなくなってるけど、頑張って集めたグッズや担当だった当時の熱量を思い返したら本気だったんだろうなあと思います。
ふわふわ天然なイメージな玉ちゃんの男らしさを黄金伝説で見て、「カッコイイな」って思ったんだろうな。全部全部忘れちゃいそう。


担降りの直接的な原因は、昨年のI SCREAMの大阪公演にお邪魔したときにありました。

ライブのときには既に現在の担当の林真鳥くんにゾッコンで沼にハマりすぎて抜けれない状況だった訳なんですけど、簡潔に言うと“玉森見ずに真鳥見てた”んですよ。席が真鳥くん側だったこともあるとは思うけど。
一緒に参戦していた友人曰く「なあ!真鳥おる!やばい!(泣)」みたいな感じだったらしく(全然覚えていない)玉森くんは眼中になかったみたいなんです。
2015年の終わりごろから(青春探偵ハルヤとかの頃かなあ)キスマイには興味がなくなってて、いわゆる“冷め期”の状態のままズルズルきていたので予想通りではあったのだけども。

まあ、そんなこんなで「よし!降りよう!」って決心したとかではなく本当に冷めたなって思ったので3年ちょい担当していた子を降りることにしました。

玉森くんが居てくれたから出会えた人も仲良くなれた人も沢山いて、感謝しきれないくらい感謝しています。
見てないとは思うけど、「ありがとうございました!!」。







3人目 大西流星(2013年3月〜2016年1月)
4人目 金内柊真(2013年3月〜2017年4月)

たまたま見たまいジャニがキッカケで、彼らを含む“なにきん”6人に出会いました。
番組での空気感や日に日に成長していく姿がすっごくキラキラしていて、本当に本当に大好きだった。
もしかしたら、なにきん担当だっかたのかもと錯覚するくらい。

まいジャニコンvol.1の回から見始めたんですけど、ステージに立つ彼らが眩しいくらいに輝いていて、惹かれていったのです。


まず、大西流星くんから。
メンバー最年少ながらに見劣りしないパフォーマンスや、(わたしより年下なのに)しっかりしているところもあって、何よりも目がキラッキラで!!!!!あんなに瞳が輝いている子は初めて見たってくらい惹き付けられて。
今の流星も悪くないとは思うけど、担当だった頃とはなんか違うなあって感じます。

降りたキッカケは真鳥くんにハマったからなんですけども。なんだか申し訳ない。


次。金内柊真くん。
「どこが好きだったの?」って聞かれたら、「存在全て!」というざっくりした答えしか出てこないし、最初の印象はイケメンだったしで、ちゃんと担当だったって言っていいのかも分からないけど彼も大好きでした。

彼がジャニーズの世界を離れてからTwitterに現れ、就職するまでもずっと好きで好きで会いたくて仕方なくて。

でも、Twitter・インスタ・YouTubeなどの活動を見ていくうちに「もういいかな」ってなって。吹っ切れちゃって。
なによりも結局わたしが好きだったのは「アイドルの金内柊真」だったのかなって思って。

ずっと彼のことは応援するけど、これから先もずっと応援していたいしカリスマ美容師になってほしい。
でも、嫌いじゃないけど好きでもないって気持ちで。つい最近なんです、気持ちの整理がついたの。

少なからず気持ちが離れていったのは確かでした。

彼の未来がより明るいものになればなあと思って生きてます。







5人目 ジェシー(2013年5月〜2015年5月)

彼に関してはよく覚えていなくて、好きだったことしか…。思い出もない…。ぴんとこなRの法則に出てたら見るくらいの感じでした。

SixTONESができた頃に冷めて降りちゃったんですけど、実力は確かだから頑張ってほしい子のひとりです。






6人目 中島健人(2013年7月〜2016年12月)

ラブホリ王子!!!らぶけんてぃー!!!!!って言ってた時代が懐かしく感じる今日この頃。

銀の匙の頃とか狂ったかのように好きでした。

なんで降りたのかわかんないけど「すーーーっ」と心が離れていったんです。「黒崎くんの言いなりになんてならない」も見に行ってないんですよ。フライヤーあほみたいに家にあるのに。フライヤー貰ったときは好きだったけど公開のときには興味がなくなっていて。びっくりしました。まじで。

好きだった当時に録画していた番組を見ても、どこが好きだったのかも何もかもが分からずじまいです。







7人目 小瀧望(2013年12月〜2016年5月)

CDデビュー発表のちょっと前に「ハピくるっ!」に出ていたのんちゃんを見て好きになりました。最初はもっと年上だと思ってた。

そしたらすぐにカウコンでデビュー発表して、。追いつけないですよ。

あっちゅー間にデビューしちゃって、出てる番組で見れるやつは全部見てたなあ。

最近、前に録画してた番組遡ってみたら、かみこたがゲスト出演してた「デリ芸」が出てきて懐かしんでました。
深夜だったけど、ちゃんとリアタイしてた自分若いな〜とか思いながら。

まあまあハマってた小瀧さんを降りた原因もよく分かんないけど、真鳥くんへの愛が勝っちゃったのかなって考えることが多いです。






ざっくり元担くんたちはこんな感じかな!!!


みんな中1のときに落ちてる!!!わたしめっちゃ暇人だったんだな!って思う!!!


彼らに出会えたからこそ、真鳥くんとも出会えたのかなって思いながら日々を楽しんでます!!!

担当しているときはほんまにめちゃくちゃ大好きで、しんどいくらい掛け持ちしてたけど充実した日々を過ごしてて!!!
感謝の手紙書きたいけど、わざわざ担降りしましたって報告とかいらんと思うから、ここに書き留めておきます!!!


文章めちゃくちゃで長ったらしいブログを読んでくれた方、ありがとうございました!!!!!!



次のブログでは現在の担当の林真鳥くんについての諸々書きたいと思いまーす!!!